■厚生労働省:産後パパ育休(出生時育児休業)が10月1日から施行されます(2022.10.1施行)

育児介護休業法の改正により、10/1からいよいよ産後パパ育休(出生児育児休業)が施行されます。
令和4年度の育児介護休業法の2回目の改正となります。
(ちなみに、1回目の改正は、4/1でした。こちらは済んでいらっしゃいますか。)
それに伴って、多くの企業のみなさんは、自社の社内規程の改定準備をしている時期ではないでしょうか。
厚生労働省は、9月から周知広報を強化し、男性の育児休業取得を推進を行うこととしています。

まず最初に、法改正について情報収集の段階であれば、9/1にオンラインによるシンポジウムがあります。
その他にも、県単位でのセミナー開催や相談窓口の設置、周知リーフレットもご用意されていますので、ご参考になさってください。

・9月1日「男性の育児休業取得促進シンポジウム」(オンライン)を開催。
・都道府県労働局で改正育児・介護休業法説明会を順次開催。
・ イクメンプロジェクトでも企業・管理職・若年者層に向けたセミナーを開催。
・都道府県労働局に設置の育児休業・産後パパ育休に関する「特別相談窓口」で育児休業に関するあらゆる相談に対応。
・男性の育児休業取得促進のためのミニリーフレットを、各市区町村の母子保健窓口等を通じて出産予定の全ての方に配付(9月以降)。

弊社もご相談を承っております。
企業ごとの事情をお聞きしながら、現場でしっかり取り組めるようにアドバイスをしております。
お気軽にご相談ください。

●産後パパ育休(出生時育児休業)が10月1日から施行されます 厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_27491.html?fbclid=IwAR15WITLl6LOuA5w9_UTGskwFWsbrEJtxp3ZITLpDr5Y2LQcdxapZHX3eRA

●男性の育児介護休業取得促進シンポジウム 厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/content/11911000/000977790.pdf

●リーフレット 育児・介護休業法 改正ポイントのご案内 令和4年4月1日から3段階で施行
https://www.mhlw.go.jp/content/11911000/000977789.pdf

●リーフレット 育児休業ミニリーフレット 厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/content/11911000/000977791.pdf