■書式と規程(雛形):「安全運転管理者」の業務に運転者の酒気帯びの有無の確認と記録の保存が追加されます(令和4年4月から)

令和4年4月1日から運転者の酒気帯びの有無の確認が、特定業種だけでなく、一般の事業所にも拡充されます。
それに伴い、「安全運転管理者」による運転者の運転前後のアルコールチェックが義務化となりますが、
社内でご準備は進んでいらっしゃいますか。

運転前後の運転者に対し、当該運転者の状態を目視等で確認することにより、運転者の酒気帯びの有無を確認し記録します。
その記録は 1 年間保存しなければなりません。

具体的な記録の内容は、以下のとおりです。
① 確認者名
② 運転者
③ 運転者の業務に係る自動車の自動車登録番号又は識別できる記号、番号等
④ 確認の日時
⑤ 確認の方法
ア   アルコール検知器の使用の有無
イ   対面できない場合は具体的方法
⑥ 酒気帯びの有無
⑦ 指示事項
⑧ その他必要な事項
※ 上記⑤のアのアルコール検知器の使用の有無の記録は、令和4年10月1日からの記録が必要になります。

公益社団法人愛知県安全運転管理協議会のホームページに、アルコールチェック使用する
様式や規程(サンプル)が掲載されています。ご参考になさってください。

公益社団法人愛知県安全運転管理協議会
[アルコールチェックの義務化に伴う運転日誌の様式案]
https://www.1972-aakk.jp/%E3%81%8A%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%9B

 

■令和4年4月から、運転者の酒気帯びの有無の確認が一般の事業所にも拡充されます(2021.12.22掲載)
https://www.yotsubawork.jp/2021/12/22/anzenuntenkanrisya/