■新型コロナ関連助成金:小学校休業等対応助成金に関する特別相談窓口案内(労働者からの申請) 厚生労働省

第6派の新型コロナ感染は、子どもたちへの感染の広がりで学校の学級閉鎖や幼稚園などの休園が相次いでいる状況です。
お仕事のある保護者から事業主に対し、子どもの世話をするために、会社を休む等の対応を申し出る事例も多いです。

会社がその従業員に対して、有給(賃金全額支給)の休暇とした場合、会社が申請できる「小学校休業等対応助成金」があります。
この有給の休暇とは、従業員の年次有給休暇とは別に、会社が賃金を支払って対象従業員を休ませる休暇のことを指します。

事業主が対応してもらえない従業員の方には、労働局からの働きかけも行っています。
また、労働局からの働きかけに事業主が応じない場合は、労働者が直接申請することが可能です。
(大企業に雇用される方はシフト制労働者等の方に限られます)
従業員が事業主に話しづらさがあったり、事業主が助成金の存在をご存知ない場合もあります。
相談窓口がありますので、ご活用ください。

○小学校休業等対応助成金の制度概要に係るお問い合わせは下記コールセンターへ
雇用調整助成金、産業雇用安定助成金、小学校休業等対応助成金・支援金コールセンター
0120-603-999
受付時間:9:00~21:00(土日祝含む)

小学校休業等対応助成金に関する特別相談窓口について 厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_21202.html

小学校休業等対応助成金に関する特別相談窓口のご案内 リーフレット
https://www.mhlw.go.jp/content/11900000/000887944.pdf