■令和4年4月から、運転者の酒気帯びの有無の確認が一般の事業所にも拡充されます

令和4年4月から、運転者の酒気帯びの有無の確認が一般の事業所にも拡充されます。
「安全運転管理者」による運転者の運転前後のアルコールチェックが義務化へ。

事業所の飲酒運転根絶 取組強化! 警察庁

クリックしてankanleaflet.pdfにアクセス

(通達)道路交通法施行規則の一部を改正する内閣府令等の施行に伴う安全運転管理者業務の拡充について

クリックしてtuutatuanzenuntenkanri.pdfにアクセス

____________________________
安全運転管理者の選任義務(法第74条の3第1項)
自動車の使用者は安全運転に必要な業務を行わせるため、規定の台数(5台)以上の自動車の使用の本拠ごとに安全運転管理者を選任しなければならない。
※ 使用の本拠ごと≓会社、支店、営業所、部局等
※ 適用除外:自動車運送事業者、第二種貨物利用運送事業者

安全運転管理者制度 新潟県警察
https://www.pref.niigata.lg.jp/site/kenkei/koutu-anzen-z-jikobousshi-k-osirase-ankan-seido-ankan-seido.html