【労務相談Q&A】コロナワクチン接種を義務化したいが

Q.飲食業の会社です。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、接客を行う従業員に就業の条件としてワクチン接種を義務付けたいと考えていますが問題はありますでしょうか?全員が無理なら例えば店長のみ義務付けることはできますか?
A.役職や職種等の限定の有無にかかわらず、従業員に新型コロナワクチン接種を義務付けたり、接種を強制することはできません。

従業員へのコロナワクチン接種を強制できるかどうかについては副反応などの健康被害の可能性から慎重に考える必要があります。厚労省HP「医療従事者等への接種について」の「接種を受ける際の同意」に以下のように記載されています。
「新型コロナワクチンの接種は、国民の皆さまに受けていただくようお勧めしていますが、接種を受けることは強制ではありません。しっかり情報提供を行ったうえで、接種を受ける方の同意がある場合に限り接種が行われます。(中略)職場や周りの方などに接種を強制したり、接種を受けていない人に差別的な扱いをすることのないようお願いいたします。」したがって、従業員がたとえ接客を担当している場合や店長などの職責がある場合などであっても会社が従業員にワクチン接種を強制することはできないと考えられます。
なお、PCR検査などについては健康被害の恐れがないと考えられますので、従業員にワクチン接種を受けるかどうかを委ねた上でワクチン接種を受けていない者については、例えば就業規則等の契約上の根拠に基づき、検査費用を会社が負担した上で一定期間毎に検査の受診を義務付けるなどの措置は差し支えないでしょう。