■雇用保険マルチジョブホルダー制度

令和4年1月1日から65歳以上の労働者を対象に「雇用保険マルチジョブホルダー制度」が開始します。

従来の雇用保険制度は、主たる事業所で週所定労働時間が20時間以上かつ31日以上の雇用見込みであることが基本的な要件ですが、新設のマルチジョブホルダー制度では短時間勤務を掛け持ちする高齢者を対象として以下の要件を満たす場合に「マルチ高年齢被保険者」として特例的に加入できる制度です。

1. 複数の事業所に雇用される65歳以上の労働者であること
2. 2つの事業所(1事業所あたり週所定労働時間が5時間以上20時間未満)の労働時間を合計して、1週間の所定労働時間が20時間以上
3. 2つの事業所のそれぞれの雇用見込が31日以上

これにより、離職の日以前1年間に11日以上の賃金支払いの基礎となった日数のある完全な月が6ヵ月以上(11日に満たない場合は80時間以上)の勤務実績等があれば、失業給付(高年齢求職者給付金)を受給すること等ができるようになります。

失業給付(高年齢求職者給付金)は、被保険者であった期間に応じて30日分または50日分の一時金として支払われます。
手続は、労働者本人が自身の住所地管轄のハローワークに申し出ることで、申出を行った日から特例的に被保険者になります。会社は必要な証明を行い、加入日以降は雇用保険料を徴収・納付する義務があります。

<参考>厚労省サイト:【重要】雇用保険マルチジョブホルダー制度について~ 令和4年1月1日から65歳以上の労働者を対象に「雇用保険マルチジョブホルダー制度」を新設します~